GIRL's BLUE

辱め,女子校生

辱め,女子校生

HAPPY FISH 宮元由麻

HAPPY FISH 宮元由麻 下校途中に捕獲されて早々、性処理ペットとしての調教を受ける女子校生・由麻。屋上でのイラマチオ射精などは、まだまだ序の口。密室に連れていかれると、本格的な凌辱が始まることに…。縄で繋いだ女子校生の肉体を、文字通りヤリたい放題。とりわけシミひとつない豊潤ツヤツヤ肌は絶品中の絶品で、喜々として全身くまなく舐め回す男たち。ボールギャグから滴る、ナマ唾液もジュルジュルすすりまくり。強制開脚で剥き出し状態の性器も、卑猥な汁ごと貪り尽くす。現役JKの肉体と体液を、思う存分堪能するのだった。緊縛調教は徐々に、生体実験のごとき様相を帯びていく。電動玩具の強烈無比な刺激を浴びると、女体反応は如実に変化。吊るされたまま身体が弓なりに反り返り、ガクガクと震えが止まらない。「はふううぅ、もうラメ~ぇ!」口枷を噛みしめつつ漏れる、アエぎ声の切迫感も最高潮へ。なおも立ちバック体勢で責められ続ける女子校生の肉体。スカートをペロンとめくると、惚れ惚れする程の美白桃尻があらわに…。真ん丸のラインは言うまでもなく、プリプリの質感もまさに極上。そして取り調べの矛先は、アナルへも及ぶことに。「なかなか感度よさげだな。じゃあこんなのはどうかな~?」パール型のアナルバイブをヌプヌプ埋め込んでいくと、おもむろにスイッチON。魅惑的な微振動が、少女の肛門を容赦なく刺激する。美尻をプルプル震わせながら、アウアウと呻き声を漏らす由麻。アナルバイブを喰わえ込んだまま犯され、その挙げ句イカされてしまう。これほど惨めなレイプもないだろう。その後も蝋燭+電動のW責め苦が続き、全身の性感帯が否応なしに研ぎ澄まされていく。「あっあっ、ああぁそんな…こんなのって…」信じられないくらいの甘美な感覚に、困惑すら覚える由麻。そんな戸惑いをヨソに、肉体は奔放なまでに快感を渇望。ついさっき、あれだけ惨めなアクメ恥態を晒したというのに…。恥も外聞もなく、一心に性的快楽を欲するJKボディ。本来、地獄を味わうはずのエンドレス輪姦で、至福のエクスタシーに酔い痴れてしまう。性処理ペットどころか、ド淫乱なマゾ奴隷に成長してしまったようだ。 HAPPY FISH 辱め,女子校生 h331
辱め,女子校生

HAPPY FISH 篠宮優理

HAPPY FISH 篠宮優理 段ボール箱にすっぽり入るほど小柄な身体が、何とも愛くるしい印象の女子校生『優理』。喜々として群がる見知らぬ男たちに、怯えきった視線を向ける表情もまたタマらない。「ちっちゃくてカワイイね~。たっぷり遊んであげるからね(笑)」「そんな怖がらないで…キモチよくしてあげるんだからさ」その笑顔とは裏腹に、容赦なく責め始める男たち。箱入りのまま、ひとしきり弄んだ後、密室に運び込んで更なる緊縛調教を…。まだまだ未成熟なロリ肢体は、性的刺激に対しても、まるっきり不慣れなようだ。無垢なクリトリスを指先で軽くイジられただけで「そこダメっ…イヤあぁ漏れちゃう~ぅ」ピュピュ~ッと勢いよくアーチを描く体液。まるでスイッチのように、触れれば噴射…といった要領だ。その上、電動玩具の凄絶刺激を浴びようものなら…。ひと溜まりもなくビュンビュン大量潮吹き。するとここぞとばかりに、蝋燭責め+輪姦を仕掛ける男たち。少女のマゾ欲情が限界まで高まったところで、魅惑的な快感の真髄を、徹底的に知らしめるのだ。「はああぁあっあっ…ダメぇこんなはず…」初めて知る淫らな快楽に、戸惑いを隠せない優理。しかも肉棒ピストンが加速すればするほど、その恍惚感覚はどんどん増していく一方。こうなるともう年頃の少女に抗う術はない。虚ろな表情で、すっかり快感に身を委ねきってしまう。見た目は未熟でも、やはり発情期真っ盛りの肉体なのだ。後はただひたすら堕ちていくのみ。スクール水着を着込んだ姿は幼げなままなのに、身体が快楽を求めてしまう。犯されながらザーメンを浴び続け、堕落する悦びに溺れる優理。スク水が似合うドMロリペットとして、最高レベルの成長を果たしたようだ。 HAPPY FISH 辱め,女子校生 出演者:篠宮優理 h353
辱め,女子校生

HAPPY FISH 白濱亜紀

HAPPY FISH 白濱亜紀 死に物狂いで抵抗する女子校生を手っ取り早くおとなしくさせるには、緊縛+口拡器具を施すのが一番である。男たちに身体をまさぐられても、亜紀はどうする事もできない。イヤイヤと首を横に振り、かすかに喘ぎ声が漏れるのみ。本能的に動いちゃうのか、レロレロと出たり引っ込んだりする舌先。大量のヨダレをダラダラ滴らせながら…。まるでそこだけが異生物のような、何とも卑猥な反応である。予想以上の痴態を見せつけられて、男たちの欲望はますます煽られるばかり。電動玩具責めから、一気に即レイプ姦へと雪崩れ込む。唾液を垂らしつつ、ハウハウと呻き続ける亜紀。肉欲に飢えたオスどもの檻に放り込まれ、その餌食となった牝犬に成り果てた気分であろう。これほど惨めな扱いを受けてもまだ、気丈に振る舞う少女。「もうやめて、お願いぃ。見ないで…触らないで~ぇ」口拡具を外されると、必死に哀願。こんな純真で理性的な女子校生を調教し性的快楽に溺れさせることほど、至上の悦びはない。アナル&蝋燭責めなど凌辱は苛烈を極める一方に…。そしていよいよ、シメの輪姦調教がスタート。ここまでどうにか耐えてきた亜紀だが、盛りのついた肉体というのは、ままならぬものらしい。高速ピストンで突きまくられるや、膣穴から淫汁がグチュグチュ溢れっぱなし。さらに同時に鬼畜イラマをブチ込まれ、とめどなく唾液が…。身体中の粘膜から体液が分泌してしまう有り様。張り詰めた緊張の糸が切れた瞬間、今までこの少女が経験したことのない、恍惚のエクスタシーが待っていることだろう。そのときこそ、理想的な性処理ペットの誕生となるはずだ。 HAPPY FISH 辱め,女子校生 h345
辱め,女子校生

HAPPY FISH 池岡里美

HAPPY FISH 池岡里美 控えめでおとなしい性格のため、愛くるしいルックスの割りに、クラスでは目立たないほうの里美。小柄なボディも相まって、実にいじらしい印象である。男たちに威嚇されると、怖がって抗うことすらできない。みるみる制服を脱がされていき、純白の下着があらわに…。飾り気のない下着は、少女の性体験の浅さを物語っている。胸もまだまだ発育途上といった感じで、いわゆるロリ体型そのもの。まだ性的刺激に慣れてない身体は、敏感すぎる程であった。 HAPPY FISH 辱め,女子校生 h271
辱め,女子校生

HAPPY FISH 相田友香

HAPPY FISH 相田友香 帰宅途中で捕らえられ、調教部屋に連れてこられた女子校生『友香』。一見、色白で華奢な体躯は、意外にも発育上々の肉感的ボディであった。とりわけ目を見張るのが、惚れ惚れするほどの美尻。男たちの責めも、股間への電動器具に続き、当然のごとく極上のプリ尻へと向けられる。指先に吸い付くような10代ならではの柔肌のしっとり感。ワシ掴みで揉みしだかれ続けると、美白肌がすっかり紅潮してしまう。そして遂に標的は尻のみならず、キュッと締まった尻穴へと及ぶことに…。じっくりと締めつけ具合を堪能するように、ヌプヌプと尻穴内部へ埋まっていく指先。ゾクゾクと寒気が走るような感覚に戸惑いを覚え、しきりに嫌がる友香。この美尻はアナル感度までも並み外れた素質を有してるようだ。浣腸液をたたえた巨大な注射が、この女子校生の肛門めがけて突き挿さる。直腸内にたっぷり液体を注ぎ込まれ、苦悶の表情を浮かべる友香。懸命に便意に耐え続けていたが、アナルバイブの強烈刺激の前に、遂に限界を超えてしまったらしい。糞尿まみれの排泄物の臭いが一気に周囲に拡散。学校を出る前にトイレで済ませていたのか、量は少なめである。しかし、当事者の少女にとっては量の問題ではなかった。人前でウンコを漏らすこと自体が恥辱の極み。その姿を物笑いのタネにされるという究極の屈辱…。この羞恥体験は一生、友香の自尊心を嘖み続けることとなろう。もっとも、この少女が真性のマゾ体質なら、このときの興奮が病みつきになる可能性も高いが…。身も心もボロボロになったところで、蝋燭責めや輪姦で徹底的に凌辱される友香。ひたすら犯され尽くすと、視線がみるみるトロ〜ンとしてくる。まるで、めくるめく快楽に耽溺しているかのように…。どうやら先天的なマゾ資質は充分に備わっているようだ。 HAPPY FISH 辱め,女子校生 h252
辱め,女子校生

HAPPY FISH 篠崎美紗

HAPPY FISH 篠崎美紗 不逞の輩に捕らえられた女子校生・美紗。咽び泣きながら許しを乞い、懸命に哀願するも、効果は一切ない。それどころか、結果的に男たちの加虐欲を煽ってしまったようだ。制服のYシャツに荒縄が食い込み、Eカップはあろうかという豊乳があらわに。女子校生の身体は既に興奮状態の模様。ピンピンに勃起した乳首が、その事実を如実に物語っている。身の毛もよだつ恐怖を味わいながらも、性的興奮を抑えられないとは…。この少女の内に秘めたマゾ願望は、相当なものであろう。 HAPPY FISH 辱め,女子校生 h236
辱め,女子校生

HAPPY FISH 柿本早紀

HAPPY FISH 柿本早紀 援助交際に手を染める女子校生というと、いかにも遊んでそうな娘を思い浮かべがちだが、現実はそうでもないらしい。早紀はクラスの中では、おとなしい性格であまり目立つ方ではない。しかし、その可憐かつ愛くるしい容貌で、男子からの受けは抜群。学園のアイドル的存在ではないが、密かに異性にモテるタイプの典型といえよう。近寄り難い美人より、親近感が持てる普通っぽい可愛らしい娘、なのだ。その事実を知らぬは本人のみ…であるのは、やはり控えめな性格が原因であろう。(新学期が始まっても放課後は相変らず退屈だし、援交でもしてみようかな…)ほんの思いつきで始めた援助交際が、この少女を失意のドン底へと叩き落とすこととなる。 HAPPY FISH 辱め,女子校生 h193
辱め,女子校生

HAPPY FISH 吉澤弥生

HAPPY FISH 吉澤弥生 周りに助けてくれる人が誰一人いない状況で、不審な男2人に追い詰められていく年頃の娘の心境は、どんなものだろう?もしも捕まったら、何をされるか分かったものではない。いや、むしろ自意識の強い(駅の上り階段で常にスカートの裾を隠すような)女子校生なら、容易に想像がつくことであろうか。欲望に満ちたギラついた視線の男たちに手籠めにされ、その場でいいように犯されてしまう…。そんな光景を思い浮かべ、恐怖におののきながら必死に逃げようとする弥生。しかし、陸上部でもないごく普通の女子校生が、男2人相手に逃げ切れるはずもなかった。 HAPPY FISH 辱め,女子校生 h163
辱め,女子校生

HAPPY FISH 本田由香

HAPPY FISH 本田由香 あどけない顔立ちに人一倍小柄な肢体。女子校生・由香は日頃から中○生に間違われるほど、見た目は幼い。男たちに寄ってたかっていたぶられる姿は、まんまイジメられっ子である。「絶対逃げられないからな。覚悟しとけよ」そう言って足枷を嵌められる足もとは、恐怖でガクガクと震えている。上半身は荒縄でギチギチに縛り上げられ、天井から吊るされている状況。絶対に逃げられない…という言葉は、嘘でも誇張でもないのだ。「おいおい、なんだこのお子ちゃまブラは。中○生から成長してないのかよ」縄がクイ込む身体は、ロリ体型そのもの。 HAPPY FISH 辱め,女子校生 h213
辱め,女子校生

HAPPY FISH 佐々倉綾

HAPPY FISH 佐々倉綾 箱入り娘というのは、得てして世間知らずなものだ。この『綾』などは典型的なお嬢さまである。他人を疑うということを知らない、おっとりした性格。見知らぬ男たちに声を掛けられると、無視することすらできず気がつけばこの有り様…。密室に連行され、手っ取り早く緊縛されてしまった。お嬢さまだけに、逆境に立たされること自体経験がないのだろう。口を塞いでいたガムテが剥がされても「お願いです、許して…」と、ひたすら哀願するのみ。聞く耳持たない男たちに、みるみる脱がされていく。 HAPPY FISH 辱め,女子校生 h327

SEO対策格安
審査の甘い消費者金融
即日融資で審査の甘い中小消費者金融
審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社

  • ブラック融資
  • クレジットカード現金化のおすすめ