MENU

歯科ホワイトニングは安全性が高い

虫歯の治療で危険を感じる人は滅多にいないでしょうが、実は虫歯治療も含めて歯科治療にはリスクがないわけではありません。
ホワイトニングでも、薬剤を用いますからその作用が刺激となる場合もあります。
具体的には、歯茎に薬剤がしみて痛みが出る可能性があるのです。
誰もが痛みを感じるわけではありませんが、歯茎が不健康な人だと痛みを感じる度合いが強い傾向があります。
ただ、痛みは24時間もすれば引いていきます。
そんなことをいわれると、どんな薬剤が用いられているのか心配になってくるかもしれません。
ホワイトニングに使われる薬剤は、過酸化水素の場合がほとんどです。
通常、消毒剤として用いられるような薬剤で、だからしみることがあるのです。
過酸化水素は体内でも作られているような成分ですから、あまり心配することはありません。
過去には、ホワイトニング治療に強酸性の薬剤が用いられることがありました。
この薬剤が、ホワイトニングは歯をとかすというようなイメージに結びつけた理由です。
本当に歯がとけるかどうかは、コーラを飲んだのと同じような効果だと思ってください。
コーラは歯を溶かすといいますが、毎日飲んで歯を磨かないというわけでもない限りそんなことはありません。
ホワイトニング治療は毎日強濃度で行うわけではありませんから、心配する必要はありません。
仕上げにはフッ素を塗って歯を強化するホワイトニングでは、カルシウムを保護する効果もあります。

歯科ホワイトニングは問題あり?

ホワイトニングを専門とする歯科も続々と増えていながら、歯科医にはホワイトニングに反対する人もいます。
専門家にそう言われると、そんなものかとも思えてきます。
しかしその言い分とは、薬剤を歯に塗って紫外線をあてれば歯が溶けて神経が駄目になってしまうというもの。
この真偽は、当たらずとも遠からずといったところでしょうか。
つまり、たちまち歯にダメージがおよぶというものではないものの全く影響がないわけではないということです。
ただし、その薬剤は初期のホワイトニング治療で使われていたもの。
現在では、アメリカの食品医薬品局が認可している薬でかつてに比べれば研究が進められた安全な薬剤です。
日本では厚生労働省に認可されていますから、安心して治療を受けることができます。
ホワイトニングをすると、歯のエナメル質が削れてしまうと思っている人もいます。
これを言うなら、毎日の歯磨きを力をこめてするほうがダメージが大きいです。
歯が黄ばんでいるからどうしても力を入れてブラッシングしてしまう、それなら歯が白くなればそんなに強く歯を磨かなくても済むわけです。
むしろホワイトニングをしたほうが、歯を守ることができるのではないでしょうか。
健康に害がおよぶような治療が続けられていれば、被害者が続出しているはずです。
しかし実際には喜んでいる人が多いのですから、安心してホワイトニングを受けてくだい。

自宅でセルフホワイトニング

シャイニープラス