MENU

歯科ホワイトニングの治療種類

ホワイトニングには自宅ケアと歯科でのケアがり、どちらにも良し悪しがあります。
どちらにしようか迷ったら、まずは歯科医に相談してみてはいかがでしょうか。
歯科で行われているホワイトニングはオフィスホワイトニングといい、強力な薬剤や紫外線を発する機械を用います。
基本的なのがティースホワイトニングで、歯に薬剤を塗ってからハロゲンライトを当てます。
歯の中にある色素が分解されて白くなるのですが、他の方法に比べると効果は弱めです。
1回1万円ほどなので、数回の治療を受けると満足のいく結果を得られるでしょう。
アルゴンレーザーを使用したレーザーホワイトニングでは、薬剤の濃度を高めることができます。
治療時間はかかりますが、効果は抜群です。
ただしアルゴンレーザーは機器事態が高いため、キセノンレーザーという機器を使っている歯科も少なくありません。
これもスピード治療が可能で、効果も高いのが特徴です。
リン酸やフッ素、ハイドロキシアパタイトを配合した薬剤を用いるFAPホワイトニングは、思ったほど効果を感じないという人もいます。
簡単に挙げただけでもこれだけの種類があり、まだまだホワイトニングの治療法は進化していきそうです。
内容や効果、料金を検討して、ホワイトニングの治療法を選んでください。

ホワイトニングのメニューのティースアート

ホワイトニングの専門クリニックの中でも老舗というだけあって、ホワイトニングのメニューの種類の多さや経験豊富なスタッフの的確なアドバイスなどが好評な「ティースアート」。
料金面を他と比較すると決して安いわけではありませんが、平均的な料金で高いわけではありません。
ティースアートは、歯のホワイトニングを行う専門サロンとして人気があります。

 

常に最先端の研究結果、情報をとりいれており、技術力を高めている安心して利用できるサロンだと思います。
毎月1,000人もの患者さんにホワイトニングを行っており、1995年にオープンしてから15万人以上もの施術実績を誇ります。
世界的にみてもトップレベルの数です。
またスタッフはすべて同じ施術ができるように、施術方法をしっかりとマニュアル化しています。
一流百貨店のように接客研修も行っています。

 

毎月アメリカから薬剤を仕入れており、常に新鮮な薬剤を使っているためホワイトニング効果も高くなります。
ティースアートでは、リラックスした状態でホワイトニングを受けていただけるように工夫しています。
カウンセリングにもたっぷりと40分時間をかけて、10種類以上用意しているホワイトニング剤を個々の状態、希望する色などに合わせて選んでいきます。
痛くなく、我慢しなくてもいい、リラックスして楽しみながら、また来たくなるサロンを目指しています。

 

ティースアートの大きな特徴としては、NASAの科学者の開発したというブライトスマイルを使ったブライトホワイトを行っていることです。
世界中で100万人以上もの人が利用しているという大人気のホワイトニングなのです。
これは最速で1時間で歯を白くすることができるというここだけの商品です。
歯全体にブライトスマイルを塗り、一度にプラズマライトをあて、最速1時間で完了します。
ホームホワイトニングをする必要もないので楽です。
施術後の食事制限もたった1日ですみます。
低濃度にした薬剤をゆっくりと時間をかけて作用させていくので歯のエナメル質の中に浸透して数年間もホワイトニング効果を持続することができます。
1回1時間行っただけで歯を8段階から10段階も白くすることができます。
料金は20本~24本で60,000円と決して安いとは言えませんが、効果が長続きするため、何回もホワイトニングすることを考えればトータルとして安いと思います。

 

 

 

豊富なティースアートのホワイトニングメニューをいくつか紹介します。
これだけ揃っているので、自分に合うものを見つけられる、それもティースアートが選ばれる大きな理由の1つとなっています。
1回で白くしたい人、しみるのが怖いため少しずつ白くしたい人、もっと白くなりたい人など様々な要望にお応えしています。

 

「ティースホワイトニング」…ベーシックな方法で、薬剤を調合して歯に塗り1本ずつハロゲンライトをあて白くする方法です。
1回で1段階~2段階歯を白くできます、料金は6本1回で4,000円、1本追加ごとに1,000円となっています。
ベーシックメニューで料金面では一番安いです。

 

「ルマホワイトニング」…前歯12本をまとめて白くできる方法で、光触媒配合のジェルに最適な波長の光をあてて歯を白くします。
1回で2段階~4段階歯を白くできます、料金は上下6本で各8,000円、上下12本で10,000円、1本追加ごとに1,500円となっています。

 

「マイルドホワイトニング」…知覚過敏によって薬剤がしみてしまうのが嫌だという人におすすめの方法です。
しみないホワイトニング剤を開発、今までしみてできなかった人もぜひ試してみてください。
効果的にはルマホワイトニングと同じくらいですが、料金はルマホワイトニングの方が安いです。
こちらの料金は1回上下12本で15,000円、上下16本で20,000円となっています。
所要時間は40分ほどです。

 

「ブライトホワイト」…先程ご紹介した1日1時間で白くなれる方法です。
20本~24本で料金は60,000円です。
8段階~10段階歯を白くできます。

 

「ティオンホワイトニング」…日本企業が開発したチタンを使ったホワイトニングの方法です。
低濃度の薬剤を使用して、チタンと窒素を触媒した特殊な光をあてることで歯を白くします。
ルマホワイトニングの1回10,000円のコース3回分の効果を1回で得ることができます。
料金は上下16本で25,000円、上下20本で31,000円、所要時間は約1時間です。

 

「ポリリン酸ホワイトニング」…医薬部外品であるポリリン酸のジェルを薬剤として使い、LEDライトをあて歯に付着した着色汚れを取り白くする方法です。
ポリリン酸を使っているため料金は安いです。
痛みもありません。
しかし歯の表面についた汚れを落とし白くするだけなので歯の表面にしか効果はなく、歯の奥深くエナメル質の部分までは白くできません。
1回で1段階~2段階歯を白くできます、料金は上下6本各3,000円、1本追加ごとに500円です。

 

「ZOOMホワイトニング」…アメリカの企業が開発したシステムで、触媒に鉄イオンを使いメタルハライドランプを一度に前歯全体へあてます。
15分間の照射を3回、4段階~6段階歯を白くできます。
料金は16本~20歩で28,000円。

 

「ビヨンドホワイトニング」…中国の企業が開発したシステムで、高濃度の薬剤を使いハロゲンライトを一度に前歯全体へあてます。
ティースホワイトニングと同じくらいの効果ですが、上下の前歯を一度に白くすることができます。
料金は1回上下12本で8,000円、1本追加ごとに1,000円となっています。

 

「レーザーホワイトニング」…ライトのかわりにダイオードレーザーをあてて、薬剤の働きを活性化させる方法。
1回で3段階~4段階歯を白くできます。
料金は上下各6本で30,000円、上下12本で55,000円、1本追加ごとに5,000円です。

 

「ジェルホワイトニング」…ライトやレーザーをあてずに、ホワイトニング剤を塗るだけで歯を白くする方法。
光にアレルギーがある人、皮膚が敏感な人などにおすすめです。
1回で2段階~3段階歯を白くできます。
料金は1回に上下16本で15,000円。

自宅でセルフホワイトニング

シャイニープラス