MENU

歯肉をホワイトニングする

白い歯は健康的で美しい。
そのため、多くの人がホワイトニングをして歯を白くしています。
同様に、歯肉もホワイトニングをして白くできることをご存じですか。
次のような方に、歯肉のホワイトニングはおすすめです。

 

 

・歯肉が黒くなってしまった。
健康な、ピンクの歯肉を取り戻したい。

 

・パーティーや結婚式が間近に迫っている。

 

・お見合いが近い、あるいは成人式が近い。
大切な写真に、最高の笑顔を残したい。

 

・就職活動で好印象を得たい。

 

・ホワイトニングで歯を美しくして、同時に歯肉も美しくしたいという人。

 

 

「日焼け」とは、強い紫外線を浴びても体が火傷しないよう、「メラニン色素」を分泌させて皮膚を黒くした結果です。
同様に、煙草などを口にすると、損傷を受けないように歯肉にメラニン色素が分泌されます。
それが沈着すると、黒くなるわけです。
もちろん病気とは違いますが、笑って口を開いたときなどは、黒い歯肉が人目にさらされることになり、与える印象に影響が出てきます。

 

 

歯肉のホワイトニングには、注射は不要です。
通院1~2回で歯肉がピンク色になります。
1回の治療時間は約20分。
出血もなく、施術が終わっても普段通りの生活ができます。
施術して1~2週間たつと、歯肉が美しくなります。

 

 

なお、歯肉のホワイトニングが終わったら、生活習慣で改めなければいけない点がでてくるかもしれません。
たとえば喫煙。
前述の通り、煙草は歯肉の黒ずみの原因です。
ホワイトニング後も喫煙を続けていれば、数年でもとの黒ずんだ歯肉に戻るかもしれません。
注意が必要です。

 

 

口元が美しい人は、清潔で明るい印象を与えます。
歯と同様に、歯肉にも気をつけたいものです。

 

 

 

近年、芸能人などテレビで見ると歯が真っ白でとてもきれいという人が増えてきました。
芸能人だけではなく一般の人でも歯が白い人は増えてきたと思います。
これは「ホワイトニング」をしているからだと思います。
ホワイトニングというのは、歯の「クリーニング」とは違います。
歯のクリーニングというのは、歯の表面についている歯石や着色汚れなどを磨いたり削ったりすることで取り去り歯をきれいにする方法です。
これに対してホワイトニングというのは、歯の明るさを元々歯本来が持っている明るさへと戻して白くしていくものです。
ホワイトニングの方法としては、歯の表面にホワイトニング剤を塗って、そこへレーザーやハロゲンライト、あるいはプラズマライトなどを充てることで薬剤の働きを活性化させて歯の色素を分解します。
この方法が主流となる前は、歯を白くするためには、歯を削りセラミックをかぶせて歯を白く見せることしかできませんでした。
ホワイトニングは、元々の歯の白さを明るくしてきれいにしていこうというものです。
中には美容整形みたいなものだと勘違いをして、ホワイトニングに対して抵抗を示す人もいます。
昔のように歯を削りセラミックをかぶせる場合は、歯を整形していると考えるかもしれませんが、ホワイトニングは、歯を薬剤でケアして白くするだけなので肌を美白ケアするのと同じだと思います。

 

しかし気を付けなければいけないことは、ホワイトニングの効果については人により個人差があるということです。
この個人差はかなりあるため、同じように同じ薬剤で同じケアを受けた人でも、歯の白さにはかなり差がでてしまいます。
元々のその人の歯の色の濃さの違いや、着色性の食品を良く食べるなど嗜好の違い、病気のときに飲んだ風邪薬などが原因で色が濃くなってしまった人など様々です。
元々濃い人の場合、当然、元々色が薄く白い人よりも得られるホワイトニングの効果は低くなります。
さらにホワイトニングのケアは一度行えば一生効果が続くわけではありません。
定期的にメンテナンスを行わなければすぐに元の状態に戻ってしまいます。
何もケアをしないでいると半年くらいで着色しはじめて、2年も経てば元通りになってしまいます。
ホワイトニング効果を維持するためには、定期的にケアを続けていく必要があります。

 

最近は、ホワイトニング専門店、セルフホワイトニングなども流行っています。
料金が安いから試しやすいと利用する人も多いようです。
しかし実際には歯科医師や歯科衛生士の有資格者でなければ、口の中を触ってホワイトニングすることはできません。
ですから歯科医院のようにしっかりとしたホワイトニング効果の得られる薬剤を使うことはできないのです。
安いからと言って安易に飛びついてしまうと、大した効果も得られず時間とお金だけがかかってしまうことになるため注意しましょう。

 

 

本を通じてホワイトニングを知ろう

インターネット全盛のいまでも、しっかりした情報がほしいときはやはり本、という人も多いでしょう。
歯のホワイトニングに関する本も何冊か出ていますから、ご参考にされるとよいかと思います。

 

 

坪田健嗣「眠っている間に歯は白くできる!」(ロングセラーズ出版)――自宅で、眠っている間にできるホームホワイトニング。
その最新治療法に関して書かれた本です。
のみならず歯科医院で施術されるオフィスホワイトニング、またセラミッククラウンやラミネートベニアに関する情報も盛り込まれています。
そして白い歯をどうしたらいつまでも保てるかも述べられており、本書を読んでホワイトニングを行えば、口元に自信が持て、ひいては明るい人生が送れることでしょう。

 

 

椿智之「わたしは白い歯」(アートデイズ出版)――著者は歯のホワイトニングのパイオニア。
本書には最新のホワイトニングとクリーニングの情報が掲載されており、のみならず口臭の予防法や、いかに歯を白く、健康に保つかに関して述べられています。
また歯を白くするためのグッズも紹介され、白い歯を求める方にはおすすめの一冊です。

 

 

北原信也「笑顔が変わるホワイトニング」(医歯薬出版)――写真を中心とした、絵本のような作りのビジュアル中心の一冊です。
ホワイトニングに関してわかりやすく説明されています。
白い歯に敏感な若い女性のみならず、男性や年配の方に向けてもホワイトニングを説明し、素敵な笑顔を取り戻してもらうことを意図した内容になっています。
「ホワイトニングに興味はあるけれど、わからないことが多くて心配」という方に向けての本で、ホワイトニングに関するさまざまな疑問にも答えています。

 

 

多くの人の関心を引くホワイトニング。
まずは本から、情報を入手されるのもよいでしょう。

自宅でセルフホワイトニング

シャイニープラス

歯肉をホワイトニングする関連ページ

歯科医院選びのポイントとは
美しい歯を手に入れるためのホワイトニング。美を追求するのは心踊ることですが、大切なのはよき専門家を選ぶこと。ホワイトニングでいうならば、歯科選びで適切な判断をすることが、成功のポイントです。
ホワイトニングの効果を保つ歯磨き方法
歯のホワイトニングに関心のある方ならば、歯磨き方法に注意を払うことも多いでしょう。日本人ならば大部分の方が、1日のうちに何回かは歯を磨いていると思います。日々の歯磨きは虫歯の予防として大切で
ホワイトニングとクリーニングは違うものである
歯に関連する言葉で「PMTC」をご存じでしょうか。Professional Mechanical Tooth Cleaningの略です。歯科医師や歯科衛生士など、専門家が特殊な技術を使ってお
自分でさえ知らず知らずの内に…。
ホワイトニング歯磨き粉の効果とは
「ホワイトニング歯磨き粉」をご存じですか? 1本1000円~3000円ほどする、ホワイトニングのアフターケア用の歯磨き粉です。「ホワイトニング歯磨き粉」などと聞くと、これで歯を磨けばホワイト
薬物で歯が変色する
「テトラサイクリン」という薬物をご存じですか? 抗生剤の一種ですが、服用すると色素が歯の象牙質に沈着して、歯の色が変色してしまうことがあり、注意を要するものです。乳児から7歳くらいの間に、永
適切なホワイトニング剤を使って歯を白く
最近では白い歯に対する憧れが一般人の間でも高くなってきました。そこで注目されるのが、ホワイトニング剤です。自宅でできるホームホワイトニング剤に関して、ご説明しましょう。  まずご紹介するの
ホワイトニングの治療費、そして安全性
ホワイトニングを初めておこなうときは、ホワイトニングの知識や技術に長じた歯科医の指導を受ける必要があります。ホワイトニングが自分に合わない場合など、強い痛みが生じたり、十分に白くならなかった
ホワイトニングが行えないときがある
ホワイトニングは、誰にでもできるわけではありません。人によっては、ホワイトニングを行えない場合があります。原則的に、妊婦に対してはホワイトニングは行えないことになっています。胎児へのホワイト
オールセラミックスクラウンにはいろいろなメリットがある
「オールセラミックスクラウン」をご存じですか? まったく金属を使用していない差し歯です。プラスチックの人口歯やセラミックスの差し歯は、ホワイトニングをしても白くならず、人口歯の色よりももっと
ホワイトストリップスは貼るだけで効果あり
ホワイトストリップスをご存じでしょうか。歯のホワイトニングの一種です。一見柔らかい透明なシートですが、安全なジェルが塗ってあります。歯の表面を削らないで美しい歯を獲得できるホワイトニングです
アメリカでは「NITE ホワイト・エクセル」が注目を集めている
NITEホワイト・エクセルをご存じでしょうか。過酸化尿素が主成分のホワイトニング剤です。短期間で効果的なホワイトニングを実現する、アメリカで非常に高い評判を保っている方法です。 過酸化尿素
「ビヨンドシステム」とはなにか
歯のホワイトニングの一種、「ビヨンドシステム」をご存じですか。都道府県によってはまだ導入されていないところもありますが、今後は増えていくことが予想されるホワイトニング技術です。 ビヨンドシ
「ズームホワイトニング」をご存じですか
「ズームホワイトニング」をご存じですか。薬剤を使用する歯のホワイトニング技術です。薬剤といっても3種類あり、それぞれ濃度16%、20%、25%に分かれています。高濃度ほどホワイトニングの効果
「ウォーキングブリーチ」で歯を白く
「ウォーキングブリーチ」といっても、初めて聞く方がほとんどだと思います。名前だけ聞いてもなんのことだかわかりませんが、かつては歯を白くする方法の中では唯一、保険が適用されていたというものです
ホワイトニンググッズを使用する前の注意点
歯を美しくすると称する製品は数々売られています。研磨剤やペーストといったものですが、そうした言わば「ホワイトニンググッズ」は、説明書の注意点をよく読んで、その通りに使用することが絶対条件です
「リーチホワイトニング」でホワイトニングケアをしよう
「リーチホワイトニング」をご存じですか? 効果的にステイン(着色汚れ)を落す、2種類のホワイトニング機能を備えた歯ブラシです。一つ目の機能は「ステインリムーバー」。歯磨きをするたびにステイン
「settima」のホワイトニングシリーズで美しい歯を
「settima(セッチマ)」はサンスターで販売されているケア歯磨き。通常の歯磨きよりも汚れを除去する力が強く、歯垢や煙草のヤニといったものもきれいに除去するという、「広く美しい歯を手に入れ
メイク術で歯の白さを強調しよう
歯の白さを強調するのがホワイトニングという技術。しかし、そうした方法に頼らず、メイク術を工夫するだけでも歯を白く見せることができるものです。 歯を覆っているのは、いうまでもなく唇。口紅の色